<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 

>> TOP
>> LOG
>> ABOUT


>> ねこちか2

RECENT TRACKBACK
PROFILE
  小っちゃいモノ倶楽部 梁朝偉同盟 ドニ・ダコにわしづかみの会  

 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
「スタスキー&ハッチ」Starsky & Hutch
スタスキー & ハッチ 特別版

オーウェン・ウィルソンのブロンドに必要以上にときめいた自分フォ・・・・・・

Do it ! Do it ! (←使ってみたかっただけ)

いやぁ、欧米人男性に関してはブロンドより黒っぽい髪のほうが(そもそもアングロサクソンよりラテン系が)好きなもので、なんで世間ではそんなにブロンドがもてはやされるのか分からない部分がありまして。でもオーウェンのブロンドは良いね。アンタ別にブロンドじゃなくてエエやん、ていう部分で。ベンステの鍛えすぎな体と同じベクトルで。いや、ベンステの体には萌えないが。どっちやねん。

続きを読む >>
「ライフ・アクアティック」The Life Aquatic
ライフ・アクアティック
>> 9月21日DVD発売

スランプ気味の海洋ドキュメンタリ制作チームが、仲間を殺した幻のサメを追って探検の旅に出かける不思議なコメディドラマ。いやほんと不思議な映画でしたよ。“スランプ気味の海洋ドキュメンタリ制作チーム”って、もうそのせまーいところを突く設定からしてすごいというかね。

以下、真面目に書きますので、先に言っとこう。

オーウェン・ウィルソンのパイロットコスプレにうっかりときめいた自分フォォー!! (同志求む)

では、映画の感想。


続きを読む >>
都会には美味いもんがあるんだにゃー。
Y8Ush0006.jpg
 

大阪・なんばでラブマンゴーかき氷ラブ食べたワァ・・・・・・・・・。まーじーでー美味かった。果肉はジューシーでソースはこってりで氷は信じられないくらいさらっさらっ! 近くにあったら通っちゃいたいですよ。

>> 冰館(ピングァン)公式サイト
主要都市別03年封切り作品公開率
国内で1年間に公開された映画の各都市における公開率 の一覧というのがあったので上位から書き出してみます

(7月23日『朝日新聞』芸能面より)

続きを読む >>
「ダンス・オブ・ドリーム」愛君如夢
アンディの「ダンス・オブ・ドリーム」観ました(DVD発売はまだです・・・ちょっと日付分からない。スマヌ)。まぁ「香港版“Shall We Dance?"」といえなくもない映画でした。

ただこの日本版DVDは、「わたしもアンディと踊りた〜い」っていうコピーがつくらしく、これが素晴らしい。テキトウ臭がぷんぷんですけど、このアンディ認識は非常に正しくないですか? こう、女たちが一列になってアンディ先生と踊る順番を待っているような図が思い浮かびます。アンディ先生はみんなのもの!独り占めはしないけど一度は踊ってみたい!という。ハリウッドで言うともちろん「わたしもヒュー様と踊りた〜い」です。単なる私のイメージですけどね。

続きを読む >>
「インファナル・アフェア供震鬼崕曲」をまた観た


ジャンユーさん@インテリヤクザに萌え萌え鑑賞ですが、香港明星はたいてい日本人の誰かに似ているという罠。そりゃぁニコラス・ツェーが黄川田将也に似ているとかなら全然イイんですけども。

>> 残念!ン・ジャンユーがあの人にそっくり疑惑

近況など箇条書き
ミーン・ガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション

・「ミーン・ガールズ」を観た
面白かった!ので感想文を書こうとしたところ、面白かった!以外に特に書くことがなく。苦しまぎれに「ヘザース」とか引いてこようとしたものの、案の定 アメリカ学園天国 さんでも「ヘザース」に言及されてたので、そうなったらもはや私など書くこともなく・・・。まあとにかく面白かったので学園コメディ好きは観るが良し。

・「タイガー&ドラゴン」最終回
結局これは「家族」の話だったのだと思った。子供が持っていた腕時計を見て、小虎が帰ってきたと思った林家亭一家がどやどやと表に出たときの嬉しそうな顔。

・「anego」最終回
しょせん女の妄想の産物と言われようと、男の妄想に満ち溢れているこの世界では、女の妄想なんて可愛いもんじゃなくって?

続きを読む >>
「最‘狂’絶叫計画」Scary Movie 3
最狂絶叫計画 特別編

また観ちゃったよ(苦笑)

なんでやろ、1作目も2作目も開始30分で寝てしまったのに(過去ログ参照)。いやぁ、今度こそ面白いんじゃないかと根拠のない期待を。というより、アメリカンコメディ好きを公言するなら、これを面白いと思えなければならない という使命感・・・・・・?

続きを読む >>
「ラスト・プレゼント」
-11日・テレ朝21:00
>> ドラマ「ラスト・プレゼント」公式サイト

同名の韓国映画 のリメイク。売れないお笑い芸人の男と死期の近い妻との絆を描く。堂本剛、菅野美穂主演。

案の定ダダ泣きでしたが、ベタベタのお涙ちょうだいモノにはならず、割と淡々とした細やかな雰囲気のドラマでした。まさしく岡田恵和脚本という感じで。とりあえずビデオ録ってみたけどどうしようかなー状態の方、見て損はないかと。

何よりも、主人公がやるネタがちゃんと面白かったのが良かったと思います。ドラマや映画の漫才やコントってたいてい寒いものだけど(ネタ見せが目的じゃないんだからそこは流してよってことなんだろう)、このドラマではネタが今時のコントとして普通に笑える感じだった。今調べてみたら、ネタのとこにはちゃんと放送作家がついてたようです。

それにしても堂本剛と菅野美穂っていうカップルは本当に素晴らしいなあ。こないだの「正直しんどい」で見た素の2人もめっちゃカワイかったし、なんか雰囲気に通じるものを持った人たちだなあと思います。
「インファナル・アンフェア 無間笑」精装追女仔2004

>> フルメディア商品紹介

このブログの検索キーワードぶっちぎりナンバーワンは何だと思います…? そう、「インファナル・アンフェア」なのです。2位は何でしょう…? はい「インファナル・アンフェア 無間笑」です。飛んで4位は…? 「無間笑」です。もうええっつの。とにかく計算してみると、過去3カ月の間に検索で来てくださった方の実に30%が、この映画の情報を求めていたという結果に(3位が「スキャンダル」ってのも謎だが)。

申 し 訳 な い ☆

だってこのサイトに書いてあることといえば、「5月にDVD出ますよ」ってことだけなんだもんさ(※当該エントリはすでに削除済み)。そこで、半ば使命感に駆られて観ることにしました。ええ長女ですから。周囲の期待に応えられない自分は何よりも惨めですから。

…と独りよがりの前置きはこのへんにして。

続きを読む >>
<< | 3/17PAGES | >>

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"