<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 

>> TOP
>> LOG
>> ABOUT


>> ねこちか2

RECENT TRACKBACK
PROFILE
  小っちゃいモノ倶楽部 梁朝偉同盟 ドニ・ダコにわしづかみの会  

 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
「チーム★アメリカ ワールドポリス」Team America: World Police
チーム★アメリカ ワールドポリス スペシャル・コレクターズ・エディション

「サウスパーク」のトレイ・パーカー&マット・ストーンによるアメリカ政府&ハリウッド風刺のブラック人形劇コメディ。

“世界の警察”気取りのアメリカ政府を風刺しながらも、どっちかというと俳優の政治活動への批判のほうが毒がきついなと思いましたけども。本人たちも俳優が嫌いって言ってるもんね。キム・ジョンイルを“面白がる”という姿勢は、日本人にしてみたら一昔前の感覚っていう気がするけども、まぁそこは国としての立場の違いでしょう。

私が一番笑ったのは、必要以上にゲロを吐き続けるシーン。まじで声に出してわっはははーですよ。何だろう、やっぱ風刺映画って、いかにして“本気”を隠すかってとこも大事だと思うのよ。どんな正義もふりかざせば暴力になるのだと、ほかでもない自分たちが言っているのだし。この映画は中心となる主張はともかく、それを包む“バカバカしさ”のセンスが素晴らしいと思う。

ブラックコメディにおけるお下劣ネタってほんと紙一重というか、単に不快になるだけのものも多いけど、この映画に関して言えば私は全部好きです。たぶんそれを差し挟むタイミングの絶妙さ(シリアスな場面におけるあの神々しいまでの“台無し”感)と、そのしつこさの度合いがツボなんだよなぁ。

あと、全編ハリウッド風刺になってる枠組の、その脱力具合がいい。やたら恋愛をし(でも実はただの性欲)、クライマックスは演説(でも内容はdickとpussyとasshole)、最後はキスシーンとか。そしてもちろんあの数々のBGM!「パール・ハーバーは糞映画」の歌が最高です。でも字幕が間違ってるので台無しです。

(I need you like)Cuba Gooding needs a bigger part:

×キューバ・グッディングが大役を欲しがる
○キューバ・グッディングの役を大きくする必要がある

(「パール・ハーバー」のベン・アフレックは俳優学校に通う必要があるくらい演技が下手だ、代わりにキューバ・グッディング・Jrの役を大きくしろ、ということですがな)
スポンサーサイト
- | 14:40 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pantako.jugem.cc/trackback/396
ジョージ・クルーニー、ショーン・ペン、スーザン・サランドン、リブ・タイラー、サミュエル・L・ジャクソン、マッド・デーモン、マイケル・ムーア他・・・まさかの出演者たち! この出演者を観れば、制作費47億円は格安!? それにしても本当に上映してもいいの?本当に
日常のスキマ | 2006/03/01 6:53 PM
映画、ザ・エージェントの感想 ★★★★★○出演: トム・クルーズ キューバ・グッディング・Jr. レニー・ゼルウィガー○監督: キャメロン・クロウザ・エージェントは、仕事や恋愛など。何かに行き詰って、「もう、ダメかもしれない。」と落ち込んでいるときに観る.
大好きな外国映画 | 2007/04/24 9:51 AM
 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"