<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 

>> TOP
>> LOG
>> ABOUT


>> ねこちか2

RECENT TRACKBACK
PROFILE
  小っちゃいモノ倶楽部 梁朝偉同盟 ドニ・ダコにわしづかみの会  

 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
「世界で一番パパが好き!」Jersey Girl
世界で一番パパが好き!
>> 映画「世界で一番パパが好き!」公式サイト

100万年ぶりに映画の感想を書くぞえー!


えー、ケヴィン・スミス監督、ニュージャージー・サガ“卒業”第1弾。“ニュージャージー・サガ”ってのが分かりにくければ(注1)“ジェイ&ボブ”卒業、でも良くってよ。まぁ卒業したって言いつつ、結局「クラークス」の続編作ってるケヴィンに乾杯。

いやぁ、アナタはバカやってナンボだよ、ケヴィン。

注1)何しろ“ニュージャージーサガ”でググっても、このサイトしかヒットしませんから・・・

最初は「ケヴィン・スミスの映画にくっさい邦題つけやがって配給会社センスナッシン!」と思ってたこの「世界で一番パパが好き!」ですけど、観てみると、まぁこの邦題でも別にええかなと思うような・・・。なんつうか、まるでハリウッド映画みたいだったんだもの。

ちょっと笑えるし泣けるし特に退屈する部分もないし、まぁそれなりに面白い映画を観た気はする。だけどこれ、別にケヴィン監督が撮らなくても良かったんじゃないかと。確かに、執拗なウィル・スミス落とし込みとかは面白かったですけど。でもあれも最後に本人登場してちょっとしらけたかな・・・(なんだよ本人了承済みかよ、みたいなね)。

あと、ストーリーの組み立て方がイマイチ・・・って、もしかすると今までもそうだったのかもしれないけど、こういう映画にしちゃうとアラが目立っちゃうわけですね。

【以下ネタバレ】
後半、主人公はNJで住民の説得に成功したことで、自信を持ってNYの面接に向かうという展開になるんだけど、それって流れとしておかしくない? NYに復帰する夢はそれまでもずっと抱いていたわけだし、そこを補強する必要はないんじゃないかと。

あそこはむしろ、NJを選ぶという最後の選択の布石を置くべきところだったと思う。何らかの出来事を機に、NJでの生活もいいなと思い始めたところに、かつての後輩からの誘いを受けてNYへ、だけどやっぱり・・・みたいに持っていけば、最後の決断にも説得力が出たのでは? だって、彼はこれからずっと“選ばなかったもうひとつの道(=NYでの生活)”を思い続けて生きるような気がしてならないんだもの。
スポンサーサイト
- | 20:18 | - | -
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pantako.jugem.cc/trackback/374
(jersey girl@公式サイトより) パパと踊らせてくれる? 正直、映画自体は普通です。普通にほのぼのできるし、お手頃な感じ。ケヴィン・スミス監督と主演のベン・アフレックがタッグを組む5作品目となる「世界で一番パパが好き! 」。洋題は「Jersey girl」と
耳の中には星の砂の忘れ物 | 2006/01/24 7:27 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2008/07/01 6:12 AM
 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"