<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 

>> TOP
>> LOG
>> ABOUT


>> ねこちか2

RECENT TRACKBACK
PROFILE
  小っちゃいモノ倶楽部 梁朝偉同盟 ドニ・ダコにわしづかみの会  

 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
「ターンレフト・ターンライト」向左走・向右走
ターンレフト・ターンライト 特別版
>> 映画「ターンレフト・ターンライト」

思春期に一度出会って以来の運命的な再会を果たした男女が、あるアクシデントのために連絡が取れなくなってしまう。お互いの名前も知らない、住んでいる場所も分からない二人は、相手への思いだけを募らせる。だが、運命で結ばれた男女は何度すれ違っても、いつか必ず出会える・・・というお話。

テーマはアメリカ映画の「セレンディピティ」に似てるか。だけどこの映画は、そのすれ違いと出会いの偶然性そのものを偏執的に描いた点で、普通のロマコメというよりむしろ寓話の域に達しているといえる。何しろ、この映画の“なかなか出会えない”男女、実は隣同士の部屋に住んでいるのだから。

まあとにかくおかしなストーリーではあるのだが、その雰囲気には格別のものがあると思う。実際、ストーリーには関係なく、場面場面を見ているだけで涙が出そうになった。ちっぽけな場所で地味に不器用に生きる人間たちを、遠い場所から優しく見守るような視点。寂しさとせつなさを丁寧に見つめていたら、どこかあたたかいものが生まれてくるような・・・・・・うまく言えないけど、何か特別に素晴らしい空気感を持った映画。こういう雰囲気の恋愛映画をもっと観たいですなぁ。
スポンサーサイト
- | 23:47 | - | -
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pantako.jugem.cc/trackback/318
 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"