<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 

>> TOP
>> LOG
>> ABOUT


>> ねこちか2

RECENT TRACKBACK
PROFILE
  小っちゃいモノ倶楽部 梁朝偉同盟 ドニ・ダコにわしづかみの会  

 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
「カンフーハッスル」 功夫

>> 映画「カンフーハッスル」公式サイト

子供の頃のトラウマから悪人になろうとしていた男が、ヤクザ集団vsボロアパート住人の抗争に巻き込まれたことで、カンフーの達人として覚醒するお話。


あいやぁ、私これ好きだわ。アクションが面白いのはもちろん、シンチー映画にしてはストーリーもしっかりしてたし、とにかくテンポが良くて、ぐだぐだした部分がまったくなかったように思う。ギャグを絞ってきたのもスマートな印象。まぁ前作「少林サッカー」のほうが題材的にはインパクトがあったし、あっちのほうが一般ウケはするのかなと思うけど、映画としての完成度は間違いなく本作のほうが高いはず。私はこっちのほうが好きです。

しかもさぁ・・・

シンチーむちゃくちゃカッコエエ・・・ ときめきときめきときめきときめきときめき

ボサ髪とヨレヨレ服のときもワイルドでイイし、“達人”姿もオトコマエ。前作「少林サッカー」のときはちょっと精悍すぎるかなという感じだったんだけど、今回はエエ具合に体を作っていて。まあ、要は私の好みってことですが、かなりのウットリ度でした。でも主役にしてはちょっと出番少ないんだな。もっともっとお姿を拝見したかったですよ。

例によって、映画の冒頭、周星馳って字がスクリーンに映し出された瞬間、涙がこみあげましたがな。いやぁ、私、香港映画を観始めてからまだ1年なので、スクリーンで香港映画を観ること自体が嬉しくて仕方ないんですよ。ほら、あんまり公開作ってないから・・・。

しかも、シンチー映画は私がこの世界に入門したきっかけでもあるわけですから。一時、日本で発売されてる作品を漁りまくって観てたシンチーの映画を、今回スクリーンで初めて観たんですよ。それがもういわゆる感無量ってやつであり、香港ファンとして、何かむしょうに誇らしい気分になるのです・・・何に対してかはよく分からないけれど。

あ、でも一緒に行った彼氏(非香港ファン)の感想は「可もなく不可もなく」ということだったので、ご参考までに。
スポンサーサイト
- | 00:30 | - | -
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pantako.jugem.cc/trackback/261
 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"