<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 

>> TOP
>> LOG
>> ABOUT


>> ねこちか2

RECENT TRACKBACK
PROFILE
  小っちゃいモノ倶楽部 梁朝偉同盟 ドニ・ダコにわしづかみの会  

 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
『うつくしい子ども』(石田衣良)
うつくしい子ども

13歳の少年による猟奇殺人事件を一歳違いの兄の視点から描いたサスペンス小説。

東京近郊の学園都市(モデルはつくばですね)にある国立大学の付属中学校、という場面設定が秀逸。名門私立校とはまた違った、国立の付属校特有のあの偽善的な雰囲気の描き方が上手いったら。

展開も面白いし、こういう物語につきもののドロドロした感じも薄くて読みやすい。でもリアリティは薄いと思う。弟の起こした事件をあそこまで冷静に受け止められる中2ってのは、やっぱりムリがあるかと。

けど「灰色の海を泳ぎつづける、いつか灰色の港に辿り着くまで」(大意)っていう決意はむちゃくちゃカッコイイと思いました。
スポンサーサイト
- | 22:32 | - | -
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pantako.jugem.cc/trackback/131
 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"